Semantic Web – WordPress

Archive for the ‘ISP’ Category

プロバイダ責任制限法 – 名誉毀損 – 違法性阻却事由

leave a comment »

特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限及び発信者情報の開示に関する法律(平成13年法律第137号。「プロバイダ責任制限法」)の運用にあたって、いくつかのガイドラインがすでに公開されています。
 http://www.telesa.or.jp/consortium/provider/
  発信者情報開示関係ガイドライン
  著作権関係ガイドライン
  名誉毀損・プライバシー関係ガイドライン
  商標権関係ガイドライン

名誉毀損[有]とは、下記のガイドライン(一部転載)とおり、違法性阻却事由 公共性・公益性・真実性(または相当性)がないことが要件となります。
 プライバシー、著作権、商標権に関するガイドライン[引用略]
実際には、プロバイダーが違法情報との判断困難なケースも多く、
 http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/col/20030305/104064/

例)個別規定:Doctors Blogサービス
 http://blog.m3.com/portal/kiyaku
のように、各運用サイトで具体的、詳細な禁止事項を設けています。
 (Doctors Community(掲示板)も利用規約において同禁止事項20項目など採用)

「名誉毀損・プライバシー関係ガイドライン」

特定個人の社会的評価を低下させる誹謗中傷の情報がウェブページ等に掲載された場合には、当該情報を削除できる場合があるが、以下の3つの要件を満たす可能性がある場合には削除を行わない。
ア)当該情報が公共の利害に関する事実であること
  (例)特定の犯罪行為や携わる社会生活上の地位に基づく行為と関連した情報が掲載されている場合
イ)当該情報の掲載が、個人攻撃の目的などではなく公益を図る目的に出たものであること
  特定個人に関する論評について、論評の域を越えて人身攻撃に及ぶような侮辱的な表現が用いられている場合には、この要件に該当しないことになる。
ウ)当該情報が真実であるか、または発信者が真実と信じるに足りる相当の理由があること
  当該情報が虚偽であることが明白であり、発信者においても真実であると信じるに足りる相当の理由があるとはいえないような場合にはこの要件を満たさないことになる。

また、特定個人に関する論評について、その域を越えて人身攻撃に及ぶような侮辱的な表現が用いられている場合にも、当該情報を削除することができる。
それ以外の場合は、名誉毀損という観点からは、違法性阻却事由に該当するケースが多く、その要件となる公共性・公益性・真実性(又は相当性)についてプロバイダ等が判断することが難しいため、プロバイダ等が「不当な権利侵害」であると信じることのできる理由に乏しい場合が多いと考えられる。
なお、名誉毀損等の観点から違法情報であるか否かの判断がつかない場合であっても、プライバシーその他の観点から権利を侵害しているといえる場合もあるので、他の観点からも検討する必要がある。

広告

Written by support

2008/07/13 at 22:56

カテゴリー: ISP

High Water Mark – メールスプール – NTT Plala

leave a comment »

プロバイダー 株式会社NTTぷらら(NTT Plala Inc. 株式会社ぷららネットワークスから社名変更 2008年3月1日)のメールサービスでは、メールスプール容量は通数のみ5,000通までに制限されています。
 http://www.plala.or.jp/member/option_service/mailplus/guide_index.html
2008-01-31からスタートした迷惑メール専用フォルダのメールもカウントされるため、急速に大量のスパムメールがスプールすると、3,000通あたりから下記のヘッダーのない英文メールが毎日着信します。通数の何割(パーセント)を超えたときに警告メールが配信されるか不明ですが、
「早稲田大学 ITセンター」のサーバでは、
 http://www.f.waseda.jp/Waseda-net/faq/mail/send/index.html
より多くのスプール量となると警告が止むそうです。
NTTぷららでは、5,000通目を超えたメールは送信者に自動返信されるようになるため、この警告・注意メールには重要な意味があります。

From:     admin
Subject:  ATTENTION: High Water Mark Notification, number of messages!
Date:     Sat, 29 Mar 2008 21:24:06 +0900

Your mailbox is over the high water mark.
Please delete some messages from your mailbox!

エントリー「迷惑メール振り分けサービスと新たな憂鬱」
 http://www.osbsd.net/2008/02/post-6e8a.html

Written by support

2008/03/30 at 19:36

カテゴリー: ISP

Broadband Router – ADSL Modem – ASAHI-NET

with one comment

ネットワーク環境:
◆「ASAHIネット」さんのフレッツADSL
 http://asahi-net.jp/

◆ IP電話対応ADSLモデム-SVIII ファームウェア3.05
 [ NTT 西日本 http://www.ntt-west.co.jp/kiki/download/flets/ ]

◆ 有線ブロードバンドルータ (株)メルコ BLR3-TX4L 販売終了 ファームウェア Ver 3.61(cz0)c0
 http://buffalo.jp/products/catalog/item/b/blr3-tx4l/

LANで複数クライアントPCに接続したとき:

  1. OS Windows XP SP2では、ウイルスバスター2007 トレンド フレックス セキュリティ (Vista対応版、未対応版ともに)起動中ないしメモリ常駐時にブラウジング(Microsoft社 Windows Internet Explorer 7)不能となる。
  2. モデム「SVⅢ」を「ブリッジモード」に切り替えると、 BLR3-TX4L の「PPPoEクライアント機能」使用可。
  3. BLR3-TX4L の「PPPoEクライアント機能」では不規則にインターネット接続が切断される。
  4. モデムを「ブリッジモード」に切り替えると、IP電話の設定ができなくなる。
  5. モデムを「ルータ」で使用するとき、BLR3-TX4LのWAN側IPアドレス設定はDHCP またはIPアドレスを選ぶ。
  6. OS Windows 2000 Pro SP4では、ウイルスバスター2007 トレンド フレックス セキュリティ 使用可。
  7. Norton Antivirus 2007をインストールしたOS Windows XP SP2では、ブラウジング(Microsoft社 Windows Internet Explorer 7)可。

Written by support

2007/03/25 at 23:06

カテゴリー: ISP

顧客情報約450万件流出の原因-KDDI

leave a comment »

今日の話題:MSN毎日インタラクティブ (毎日新聞 2006年9月13日 21時18分)より
著作権法違反容疑で
KDDI情報流出:派遣社員ら2人を書類送検 警視庁
»  http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20060914k0000m040102000c.html

被害にあった顧客(私を含む)には、3か月前の報道発表のあと、代表取締役社長兼会長名で下記のとおり、原因およびその解明に関して全く記述のない、単なる"挨拶状"程度の文書が1通だけ郵送されてきました。

     お客様情報の流出に関するご報告とお詫び

 拝啓 時下ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。
さて、過日*月*日に報道発表いたしましたとおり、200*年*月*日時点での弊社インターネット接続サービス『****』のお客様情報約***万件が社外に流出していることが判明いたしました。その後の調査の結果、お客様の情報が含まれていることが確認されましたことをご報告申し上げるとともに、お客様には多大なるご迷惑をおかけいたしましたことを深くお詫び申し上げます。
 弊社では、これまでもお客様情報へのアクセス制限強化、指紋認証による入退室管理等、不正アクセスへの監視強化策を講じておりますが、今回の事案を厳粛に受け止め、改めてこうした事態の再発防止に取組み、お客様からの信頼回復に全力を尽くす所存でございます。
 なお、報道発表いたしました内容を下記のとおりご報告申し上げます。
                              敬具
             記

1.流出したお客様情報の内容
……下 略……

Written by support

2006/09/16 at 19:47

カテゴリー: ISP