Semantic Web – WordPress

Archive for the ‘Gmail’ Category

Offline Gmail

leave a comment »

Offline Gmail
同一デスクトップで複数のOffline Mail(Gmail, Google Apps)を作成すると、オンライン、オフライン状態とは無関係にログインの障害が発生しました。障害が発生しているブラウザではキャッシュなどの削除(ブラウザ・PCの再起動)も無効でしたので、異なるブラウザからログインして、"Offline"をDisable、初期状態に戻したところ、復旧しました。

「Setting - Labs」タブ

オフライン動作のためのWebアプリケーション「Gears」仕様からOSはWindows系ではXP/Vista
"Offline" Gmail を利用できるブラウザは IE 7.0+, Firefox 2.0+, Safari 3.0+, Google Chrome
 http://gmailblog.blogspot.com/2009/01/new-in-labs-offline-gmail.html

2009年1月27日(現地時間)、英国、米国のユーザーから順次、全世界1億アカウントで設定が行われました。予告どおり、2009年1月30日(日本時間)には、Gmail Settings 英語(US or UK)「Labs」内に "Offline" Gmail 選択可能となっていました。「Labs」内の "Offline"を"Enable"にします。Gmail POP接続が不安定であったのも解消しています。Google Appsの管理画面をペーストしました。

広告

Written by support

2009/01/30 at 11:57

カテゴリー: Gmail

Google Apps Premier Edition – Postini – DNS (MX SPF)

leave a comment »

Google Apps for 独自ドメイン – Premier Edition
    +
Google Message Security & Discovery サービス (Powered by Postini )
運用時
 Mail Exchanger (MX) レコード
 Sender Policy Framework (SPF) レコード
は管理画面の指示に従い変更します。

DNS設定例 VALUE-DOMAIN.COM (バリュードメイン)
 独自ドメイン名(例): EXAMPLE.COM

mx EXAMPLE.COM.S7A1.PSMTP.COM. 10
mx EXAMPLE.COM.S7A2.PSMTP.COM. 20
mx EXAMPLE.COM.S7B1.PSMTP.COM. 30
mx EXAMPLE.COM.S7B2.PSMTP.COM. 40

現在のところ(2008-11-02)Google Apps Premier Editionであっても、送信ドメイン認証技術 DomainKeys Identified Mail (DKIM) は実装されていません(検証結果およびGoogle Apps チーム様のご回答)。

また、指示どおり SPFレコードを作成します。

txt @ v=spf1 include:spf.example.com -all
txt spf v=spf1 ip4:207.126.144.0/20 ip4:64.18.0.0/20 ip4:[IP割り当て your IP
allocations] -all

独自ドメインのDNS Aレコード設定のIPアドレスなどがTXTレコード内に必要です。省略すると、メール送信時、
Received-SPF: unknown (google.com: domain of [user]@example.com uses a mechanism not recognized by this client. unknown  mechanisms: )) client-ip=*.*.*.*;
と表示され、正しく認証されません。
参照ページ http://www.postini.com
 Setting Up Outbound Filtering
IP Range、CIDR Rangeなど。ページ内 Outbound Services Configuration Guide(下記PDF文書)にリンク。
 http://www.postini.com/webdocs/outbound/en/outbound_config_en.pdf

Written by support

2008/11/02 at 19:49

カテゴリー: Gmail

Google Apps – Message Security powered by Postini

leave a comment »

セキュリティとコンプライアンスから3つのPackageが準備されています。
 http://www.google.com/a/help/intl/ja/security/compare.html
概略は以下のとおりです。Standard Editionでは、これらのPostini によるサービスは推奨されていません。
Google Apps Standard Edition には、スパムフィルターおよびウイルスフィルターを有するGmail機能がありますので、メール セキュリティ サービス (powered by Postini) による Message Filtering は推奨しません。
なお、「Gmailでは、メッセージの受信時と、メッセージが開かれる際に自動的に添付ファイルがスキャンされます。また、ユーザーが送信する添付ファイルもスキャンされます。」
 http://mail.google.com/support/bin/answer.py?hl=jp&answer=25760
 http://mail.google.com/support/bin/answer.py?hl=jp&answer=8493

Google Apps Standard Edition は、outbound filtering をサポートしていないので、Postini によるMessage Security または Message Discovery を利用するとき、Google Apps Premier を推奨します。
 http://www.google.com/support/appsecurity/bin/answer.py?answer=91332
 http://www.google.com/support/appsecurity/bin/answer.py?answer=91333

Written by support

2008/10/31 at 21:36

カテゴリー: Gmail

DKIM-Signature – Gmail Google App

leave a comment »

PayPalからGmailへ送信されたメールなどのヘッダー情報
「Authentication-Results:」一覧
 http://phr.telementoring.biz/2008/10/dkim-domainkeys-gmail-paypal-google.html
をご覧下さい。

メールソフト、Webメールの受信メール
ヘッダー表示

 Received-SPF:
 Authentication-Results:
 DKIM-Signature:
 DomainKey-Signature:

を確認します。
Gmail および Yahoo!メールは、DKIM (ディーキム)、DomainKey、SPFの送信ドメイン認証に対応しています。
参照ページ:
 http://www.dkim.jp/
 http://www.dkim.jp/faq.html
 http://www.atmarkit.co.jp/fsecurity/special/89dkim/dkim01.html
ただし、
Google クラウドコンピューティング技術
  Google Apps – Standard Edition
   (以前の名称 Google Apps for Your Domain 独自ドメイン)
のメール機能では、
 独自ドメイン運用による送信メールに DKIM認証、DomainKey認証のための電子署名は付きません(あらかじめDNSに公開鍵などを設置する必要があるため

Gmail から Google Appへメール送信すると、DKIM-Signature
 dkim=pass (test mode) header.i=@gmail.com
の判定については正しく行われ、表示されますので、未対応のメールサーバに比べて、なりすましメール対策として大変有用です。

2007年5月、IETF(Internet Engineering Task Force)は、メールの電子署名による送信ドメイン認証技術「DKIM」を初めて承認「RFC 4871」しました。
 http://www.ietf.org/rfc/rfc4871.txt
ITpro  2008年7月9日
eBayとPayPal,フィッシング対策でGmailと協力
 http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20080709/310403/
 出 典
 https://www.paypal-media.com/releasedetail.cfm?ReleaseID=320079
「PostfixでDomainKeys/DKIM認証を実装しよう」
 http://mizushima.ne.jp/Linux/Postfix/Domainkeys_DKIM/Implementation.php

なお、メールソフト設定で SMTPサーバのポート 587を利用したり、Fromアドレス(MAIL FROM)を個別に設定したりすると、Google のメールサービス Gmail、Google Apps ともに、SPFレコードによる送信ドメイン認証(送信元IPアドレス使用)は pass しなくなりますので、ご注意下さい(ブログ投稿者自身による検証済)。

Written by support

2008/10/26 at 20:54

カテゴリー: Gmail

Google Apps – Standard Edition – Gmail

leave a comment »

Google Apps for Your Domain (独自ドメイン) – Standard Edition

現在、Google Apps のメールサービスのみ利用しています。
  Gmail容量は 6GB以上 / アカウント
有料版 Google Apps Premier Edition に移行できます。
  メール容量 25 GB / アカウントなど

独自ドメイン例:example.com とすると、
 【ログイン】
ユーザー
  http://mail.google.com/a/example.com/
  (DNS CNAME設定後 http://ホスト名.独自ドメイン/ )

管理者(コントロール パネル)
  http://www.google.com/a/example.com/

管理者はユーザーの希望アカウント(=ユーザーのログイン名)と仮パスワードをコントロールパネルで作成し、ユーザに通知する。ユーザーはログイン後、アカウント設定で任意のパスワードに変更し利用する。POP設定を行うと、メールソフト利用可(メールアドレスは アカウント@example.com )。
メール転送設定 [転送先 アカウント@example.com] を追加しておけば、パソコンがクラッシュしても、過去のメールをウェブ上で確認できる。
普通のメールを一日平均 15通送受信する利用条件であれば、約 100年分のメールを保存できます(複数のGmail利用経験による試算 容量 6,349MB /アカウント)。これまで、Google提供の無料メールサービス「Gmail」をメーリングリストなどに2年間利用し、稼動状態が安定していることなど確認した。また、Google Apps Premier Edition (期間限定の無料キャンペーン)を 2007年2月25日から先行利用した。
 Premier Editionに関するエントリー 「Google Apps Premier Edition – DNS設定
 http://www.osbsd.net/2007/02/google_apps_pre_77d5.html

【注 意】
Googleさんのメールサーバ(SMTP over SSL、POP over SSL ともに)を利用するため、独自ドメインのDNS A設定とはIPアドレスが異なりますので、
 TXTレコード v=spf1
 v=spf1 mx ~all
 では 送信ドメイン認証 "softfail" となります。

 SPF "pass" で応答するためには、
エントリー「送信ドメイン認証 SPF – DNS TXTレコード v=spf1
 http://www.osbsd.net/2007/11/spf_dns_txt_vsp_3652.html
を参照して下さい。

Written by support

2008/01/25 at 14:49

カテゴリー: Gmail

Google Apps Premier Edition – DNS設定

leave a comment »

本日、Google Apps Premier Edition (キャンペーン期間無料)を独自ドメインで利用できるように設定した。30分もかからず設定は完了し、SSLサーバによるPOPメール送受信も可能となった。
ニュースページ
 https://www.google.com/a/help/intl/ja/admins/premier.html
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070223-00000021-imp-sci

秀丸メールの POP/SMTP over SSL設定は
エントリー「Gmail – 秀丸メール
  » http://www.osbsd.net/2006/05/gmail__3311.html
を参照して下さい。

DNS設定では、従来の MX設定を削除し、

mx aspmx.l.google.com. 5
mx alt1.aspmx.l.google.com. 10
mx alt2.aspmx.l.google.com. 10
mx aspmx2.googlemail.com. 20
mx aspmx3.googlemail.com. 20
mx aspmx4.googlemail.com. 20
mx aspmx5.googlemail.com. 20

と、小文字で正しく入力し、
(注 5, 10, 20は単に順位を決めるもの。)
ウェブを公開するとき、CNAME

cname *** ghs.google.com.

(注 *** はホスト/サブドメイン名で、ドット不要)
と設定する。
これら設定を行うと、
サービス
  メール – Gmail アカウント@独自ドメイン
  カレンダー –
  チャット –
  ドメイン向けウェブページ – http://***.独自ドメイン

を簡単に利用できる。

Written by support

2007/02/25 at 13:35

カテゴリー: Gmail

Gmail – 秀丸メール

leave a comment »

[更新情報 2008/10/26]
エントリー「DKIM-Signature – Gmail Google App」
秀丸メールでGmailのSMTPサーバを利用するとき、ご一読下さい。
 http://www.osbsd.net/2008/10/dkim-signature.html

[更新情報 2008/09/19]
エントリー「TLS1.0のみ許可 – メールソフト」
 http://www.osbsd.net/2008/09/tls10—6330.html
秀丸メールでもセキュアなTLS1.0のみ使用して下さい
 http://hide.maruo.co.jp/news/tk20080919.html

[更新情報 2007/10/8]
エントリー「Gmail – XREA Mail & Backup – メール配信障害」
» http://www.osbsd.net/2007/10/gmail_xrea_mail_d7b2.html

秀丸メール Ver4.83 OS Windows XP, Windows 2000Pro SP4
に置き換えて下記エントリーをご覧下さい。

PC環境など:
  » 秀丸メール Ver4.63
  » Gmail (Google 高機能ウェブメール)
  » OS Microsoft™ Windows Me

秀丸メールのメールサーバ設定等は、以下のとおりです。
Gmail 電子メールアドレス: (例) ***.***@gmail.com
POP アクセス」 電子メール クライアントの設定
  » https://mail.google.com/support/bin/topic.py?topic=1555
から、最もセキュアな設定をお知らせします。
Gmail のSMTPサーバは【 STARTTLS 】とのことですが、送信先までの中継サーバ (他プロバイダ経由のとき)が STARTTLS に対応していなければ、GmailのSMTPサーバまでの通信暗号化です。
SSL対応POPサーバは、クライアントPCとGmailのPOPサーバ間のみ暗号化されます。

Gmail1

Gmail2
 秀丸メールでは、SMTPサーバのポート番号: 465 を利用するとき、[ STARTTLS を使用] のチェックを外します。 ポート 587 では、左画像のとおりです。

Gmail3

画像 (png 形式) をクリックしてご覧下さい。


メール送信に際して、SMTPサーバに Port 587 番 (SMTP over SSL)で接続し、starttls コマンド後から暗号化 (SSL2.0/RC4/128bit) 通信開始。

画像 (gif 形式) をクリックしてご覧下さい。

※ なお、Gmail 送信サーバ はデフォルトで送信ドメイン認証 (電子署名ベースの認証方式)を行います。メールヘッダー DomainKey-Signature 情報(例):

DomainKey-Signature: a=rsa-sha1; q=dns; c=nofws;
      s=beta; d=gmail.com;
      h=received:from:to:subject:date:mime-version:content-type:content-transfer-encoding:x-mailer:message-id;
      b=YVsjEUxcA7HVdPR+/cda2z/3/7hMiTeM ……中 略…… //GIzPt2Wy24cqroC……中 略……OqFU=

送信先サーバでの検証時、「Authentication-Results:」や「DomainKey-Status:」が付加されるらしいが、現在、送信ドメイン認証に対応した ISP は少ない。
gmail.com のアカウント間でメール送受信を行うと、送信先のメール・ヘッダー情報:   DomainKey-Status: good (test mode)
となります。

また、PKI によるS/MIMEメール (暗号化, 電子署名) との同時使用が可能です (2006/5/7 確認済)。

参照ページ: 「ITmedia エンタープライズ:送信ドメイン認証の基礎知識 (3/4)」
  » http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0603/24/news006_3.html

Written by support

2006/05/02 at 16:12

カテゴリー: Gmail