Semantic Web – WordPress

Google Apps Premier Edition – Postini – DNS (MX SPF)

leave a comment »

Google Apps for 独自ドメイン – Premier Edition
    +
Google Message Security & Discovery サービス (Powered by Postini )
運用時
 Mail Exchanger (MX) レコード
 Sender Policy Framework (SPF) レコード
は管理画面の指示に従い変更します。

DNS設定例 VALUE-DOMAIN.COM (バリュードメイン)
 独自ドメイン名(例): EXAMPLE.COM

mx EXAMPLE.COM.S7A1.PSMTP.COM. 10
mx EXAMPLE.COM.S7A2.PSMTP.COM. 20
mx EXAMPLE.COM.S7B1.PSMTP.COM. 30
mx EXAMPLE.COM.S7B2.PSMTP.COM. 40

現在のところ(2008-11-02)Google Apps Premier Editionであっても、送信ドメイン認証技術 DomainKeys Identified Mail (DKIM) は実装されていません(検証結果およびGoogle Apps チーム様のご回答)。

また、指示どおり SPFレコードを作成します。

txt @ v=spf1 include:spf.example.com -all
txt spf v=spf1 ip4:207.126.144.0/20 ip4:64.18.0.0/20 ip4:[IP割り当て your IP
allocations] -all

独自ドメインのDNS Aレコード設定のIPアドレスなどがTXTレコード内に必要です。省略すると、メール送信時、
Received-SPF: unknown (google.com: domain of [user]@example.com uses a mechanism not recognized by this client. unknown  mechanisms: )) client-ip=*.*.*.*;
と表示され、正しく認証されません。
参照ページ http://www.postini.com
 Setting Up Outbound Filtering
IP Range、CIDR Rangeなど。ページ内 Outbound Services Configuration Guide(下記PDF文書)にリンク。
 http://www.postini.com/webdocs/outbound/en/outbound_config_en.pdf

Written by support

2008/11/02 @ 19:49

カテゴリー: Gmail

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。