Semantic Web – WordPress

DKIM-Signature – Gmail Google App

leave a comment »

PayPalからGmailへ送信されたメールなどのヘッダー情報
「Authentication-Results:」一覧
 http://phr.telementoring.biz/2008/10/dkim-domainkeys-gmail-paypal-google.html
をご覧下さい。

メールソフト、Webメールの受信メール
ヘッダー表示

 Received-SPF:
 Authentication-Results:
 DKIM-Signature:
 DomainKey-Signature:

を確認します。
Gmail および Yahoo!メールは、DKIM (ディーキム)、DomainKey、SPFの送信ドメイン認証に対応しています。
参照ページ:
 http://www.dkim.jp/
 http://www.dkim.jp/faq.html
 http://www.atmarkit.co.jp/fsecurity/special/89dkim/dkim01.html
ただし、
Google クラウドコンピューティング技術
  Google Apps – Standard Edition
   (以前の名称 Google Apps for Your Domain 独自ドメイン)
のメール機能では、
 独自ドメイン運用による送信メールに DKIM認証、DomainKey認証のための電子署名は付きません(あらかじめDNSに公開鍵などを設置する必要があるため

Gmail から Google Appへメール送信すると、DKIM-Signature
 dkim=pass (test mode) header.i=@gmail.com
の判定については正しく行われ、表示されますので、未対応のメールサーバに比べて、なりすましメール対策として大変有用です。

2007年5月、IETF(Internet Engineering Task Force)は、メールの電子署名による送信ドメイン認証技術「DKIM」を初めて承認「RFC 4871」しました。
 http://www.ietf.org/rfc/rfc4871.txt
ITpro  2008年7月9日
eBayとPayPal,フィッシング対策でGmailと協力
 http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20080709/310403/
 出 典
 https://www.paypal-media.com/releasedetail.cfm?ReleaseID=320079
「PostfixでDomainKeys/DKIM認証を実装しよう」
 http://mizushima.ne.jp/Linux/Postfix/Domainkeys_DKIM/Implementation.php

なお、メールソフト設定で SMTPサーバのポート 587を利用したり、Fromアドレス(MAIL FROM)を個別に設定したりすると、Google のメールサービス Gmail、Google Apps ともに、SPFレコードによる送信ドメイン認証(送信元IPアドレス使用)は pass しなくなりますので、ご注意下さい(ブログ投稿者自身による検証済)。

Written by support

2008/10/26 @ 20:54

カテゴリー: Gmail

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。