Semantic Web – WordPress

mt-wizard.cgi – Movable Type 3.3 – 2006年6月

leave a comment »

MTバージョン 3.3 から mt-wizard.cgi を使うと、Movable Type のインストールがより簡単にできるようになりました。
 http://www.sixapart.jp/pronet/developers/movabletype/mt-install-wizard.html

「Movable Type 3.3のマニュアルにはmt-wizard.cgiを使ったインストール方法は記述されていませんが・・・」

データベースとして、SQLite (または SQLite2 )を使用すれば、Xrea.comさん、Coreserver.jpさんのサーバでは、Movable Type をアップロード(tarball の展開)するだけで、パーミッションの変更など一切行わないで、インストールは成功します。

インストール完了後、mt-wizard.cgi の属性やファイル名を変更せず残しておくと、ブラウザで再アクセスした場合、

Movable Type Configuration Wizard

Movable Typeの構成ファイルがすでに存在します。ウィザードは実行できません。

Version 3.3-ja Copyright © 2001-2006 Six Apart. All Rights Reserved.

と表示され、不正な利用はできないようです(すべてのバージョンで確認していません)。
Movable Type Commercial version 4.x-jaでは、

構成ファイルが見つかりました

構成ファイル(mt-config.cgi)はすでに存在します。Movable Typeにサインインしてください。

ウィザードで新しく構成ファイルを作るときは、現在の構成ファイルを別の場所に移動してこのページを更新してください。

参照ページ【Movable Type 4 サポート】
 http://www.movabletype.jp/faq/post-7.html

「A. 以下の CGI ファイルについては、Movable Type のインストール作業の終了後、実行することはありません。セキュリティ上必要な場合には、パーミッションを変更して外部からの実行を行えないようにするか、あるいはウェブサーバーから削除してください。」

    * mt-check.cgi
    * mt-wizard.cgi
    * mt-testbg.cgi
    * mt-upgrade.cgi

2006年06月13日
Movable Type 3.3 発表
 http://www.sixapart.jp/pressroom/2006/06/movable_type_33_1.html
2006年06月28日
Movable Type 3.3 リリース
 http://www.sixapart.jp/pressroom/2006/06/movable_type_33_2.html

投稿内容は実際に旧バージョンをインストールし確認したものです。
 » Version 3.3-ja Copyright © 2001-2006 Six Apart. All Rights Reserved.
mt-config.cgi
 Movable Type configuration file(構成ファイル、環境設定ファイル)

Written by support

2008/10/14 @ 17:16

カテゴリー: ブログ blog

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。