Semantic Web – WordPress

SPF implementation – Qmail, Postfix, Sendmail, Courier

leave a comment »

メール受信者のメールソフト(MUA)で
   メールヘッダー情報 Received-SPF:
が欠落している場合、
メール受信に利用している MTA (Message Transfer Agent メール配送エージェント)がSPF (Sender Policy Framework)を実装していないためです。
例: qmailでは、qmail-spf-*.patch が必要です。
spf実装のための参照ページ: SPF implementation
 http://www.openspf.org/Implementations
 "Many mail servers support SPF natively. Most popular mail servers also have extensions or unofficial patches available."
spf解説ページ(例):
 (1) http://ya.maya.st/mail/accessctl.html#spf
 (2) 財団法人インターネット協会
「運用に関する提案」>「SPFを普及させるための提案」
などのメニューページ
 http://www.iajapan.org/anti_spam/portal/Operation/suggestion.html

Written by support

2008/02/15 @ 10:18

カテゴリー: Server

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。