Semantic Web – WordPress

Google Apps – Standard Edition – Gmail

leave a comment »

Google Apps for Your Domain (独自ドメイン) – Standard Edition

現在、Google Apps のメールサービスのみ利用しています。
  Gmail容量は 6GB以上 / アカウント
有料版 Google Apps Premier Edition に移行できます。
  メール容量 25 GB / アカウントなど

独自ドメイン例:example.com とすると、
 【ログイン】
ユーザー
  http://mail.google.com/a/example.com/
  (DNS CNAME設定後 http://ホスト名.独自ドメイン/ )

管理者(コントロール パネル)
  http://www.google.com/a/example.com/

管理者はユーザーの希望アカウント(=ユーザーのログイン名)と仮パスワードをコントロールパネルで作成し、ユーザに通知する。ユーザーはログイン後、アカウント設定で任意のパスワードに変更し利用する。POP設定を行うと、メールソフト利用可(メールアドレスは アカウント@example.com )。
メール転送設定 [転送先 アカウント@example.com] を追加しておけば、パソコンがクラッシュしても、過去のメールをウェブ上で確認できる。
普通のメールを一日平均 15通送受信する利用条件であれば、約 100年分のメールを保存できます(複数のGmail利用経験による試算 容量 6,349MB /アカウント)。これまで、Google提供の無料メールサービス「Gmail」をメーリングリストなどに2年間利用し、稼動状態が安定していることなど確認した。また、Google Apps Premier Edition (期間限定の無料キャンペーン)を 2007年2月25日から先行利用した。
 Premier Editionに関するエントリー 「Google Apps Premier Edition – DNS設定
 http://www.osbsd.net/2007/02/google_apps_pre_77d5.html

【注 意】
Googleさんのメールサーバ(SMTP over SSL、POP over SSL ともに)を利用するため、独自ドメインのDNS A設定とはIPアドレスが異なりますので、
 TXTレコード v=spf1
 v=spf1 mx ~all
 では 送信ドメイン認証 "softfail" となります。

 SPF "pass" で応答するためには、
エントリー「送信ドメイン認証 SPF – DNS TXTレコード v=spf1
 http://www.osbsd.net/2007/11/spf_dns_txt_vsp_3652.html
を参照して下さい。

Written by support

2008/01/25 @ 14:49

カテゴリー: Gmail

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。