Semantic Web – WordPress

Windows 2000 – VB2007 -不具合修正なし

leave a comment »

あるローカルネットワーク環境下では、
 http://www.osbsd.net/2007/03/broadband_route.html
⇒ OS Windows XP SP2では、ウイルスバスター2007 トレンド フレックス セキュリティ (Vista対応版、未対応版ともに)起動中ないしメモリ常駐時にブラウジング(Microsoft社 Windows Internet Explorer 7)不能となり、OS Windows 2000 Pro SP4では、同ソフトウェア使用可。

であったため、クライアントPCは、Norton Antivirus 2007+Windows XP SP2、ウイルスバスター2007+Windows 2000 Pro SP4仕様としていたが、Windows 2000 SP4ユーザーとして、ウイルスバスター2007の無料バージョンアップを試みると、以下のメッセージに遭遇します。契約更新前にその期間、OS変更などを含めてよくご検討下さい。

「Windows 2000の発売元であるマイクロソフト社が、Windows 2000のサポートメインストリームフェーズを終了したことを受け、ウイルスバスターの最新版では、Windows 2000環境への対応を終了しました。
Windows 2000をご利用の環境では最新版のウイルスバスター(投稿者注:ウイルスバスター2008 のこと)ご利用いただけませんので、ご注意ください。」

■引き続きウイルスバスターを使用するにはどうすればいいの?

「Windows 2000環境をご利用のお客さまは、「ウイルスバスター2007 トレンド フレックス セキュリティ」を パターンファイル提供の終了日(2008年末予定)までお使いいただけます。 (但し、不具合があった場合の修正は行いません。)
WindowsXPやVista などの新しいオペレーティング システムにアップグレードされることをお勧めいたします。」

2008年に「不具合があった場合の修正は行いません」とのことですから、パソコンがダウンする重大な問題などが発生したとき、他のウイルス対策サービスに変更する必要があります。
★ 参照ページ 「ウイルスバスター2007で処理が重く(遅く)なる問題と対処法‐園部研
 http://sonobelab.com/knowhow/computer/vb2007.html

以下に大手会社のアンチウイルスソフトウェアのサービス終了期間をみると(Windows 2000 Pro SP4対応)、

◆ Norton AntiVirusなどのシマンテック製品の発売日/更新サービス終了日一覧
 http://service1.symantec.com/SUPPORT/INTER/japanesecustserv.nsf/jp_docid/20030919114134945

 Norton Internet Security 2005 ⇒「未定」となっている。

◆ McAfee マカフィー – ウイルス対策と侵入防止ソリューション
 http://www.mcafee.com/Japan/mcafee/support/faq/answer_f_account.asp?wk=AC-00005
「2007年度製品はWindows2000SP4、 WinsowsXP Home/Professionalをサポートしています。Windows98/98SE、Meをご利用いただいていて、かつプログラム自動更新サービスをご利用いただいている場合は2006年度版の製品を継続してご利用いただく事ができます。」

 2007年度製品のサポート期間に一致するが、明記されていない。

Written by support

2007/11/25 @ 09:12

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。