Semantic Web – WordPress

secondary MX - Mail Server

leave a comment »

CORESERVER.JP (コアサーバー 2007/8/2サービス開始)の提供プラン CORE-A
(2007/9/24現在、CORE-B、CORE-ONEは準備中)
 http://www.coreserver.jp/
 http://www.osbsd.net/2007/08/coreserver_vs_v.html

Mail&Backup (2007/5/16サービス開始)
 http://sb.xrea.com/showthread.php?t=11850
 http://www.osbsd.net/2007/07/xrea_mail_backu_1def.html
は、ともにメールアカウント数に制限がなく、ドメインも自由に設定できます(プラン XREA FreeおよびXREA Plusは サーバ当たり 100アカウントまで)ので、プラン「CORE-A」はプライマリ、プラン「Mail&Backup」はセカンダリのメールサーバとなるようにDNSでMX(それぞれ Primary MX, Secondary MX)を設定し運用しています。

DNS設定(例)
(ネームサーバー「NS1.VALUE-DOMAIN.COM」「NS2.VALUE-DOMAIN.COM」「NS3.VALUE-DOMAIN.COM」で運用)

CORE-Aのサーバ
 例: IPアドレス ⇒ [IP-A] メールサーバのホスト名 ⇒ mail
Mail&Backupのサーバ
 例: IPアドレス ⇒ [IP-M&B] メールサーバのホスト名 ⇒ mail2
独自ドメイン名
 例: example.com
の場合、DNS

 a @ [IP-A]
 mx mail.example.com. 10
 a mail [IP-A]
 mx mail2.example.com. 20
 a mail2 [IP-M&B]

に設定すると、優先度10のプライマリのメールサーバにメールが配信されます。万一の場合、セカンダリメールサーバで受けるとメール着信があります。セカンダリメールサーバのメールスプールがなければ、プライマリで正常に受けています。
※(注) 両サーバでは、MX設定による優先度の大小よりも同一サーバ内のアカウントへのメール配信が最優先ですので、送信先の(サブ)ドメインのアカウントがあると、セカンダリメールサーバであっても優先されてしまいます(プライマリメールサーバに配信されません)。  
但し、(個人的に)2003年12月からプラン「XREA Plus」で複数のメールサーバを利用していますが、メールサーバの障害はほとんど発生していないこと、2007年7月からプラン「Mail&Backup」をプライマリメールサーバとして利用していましたが、メール配信トラブルは全くないことより、現在のサーバ管理体制ではSecondary MXによるバックアップの必要性はないようですが、今後SPAM増加等によるネットワーク過剰負荷、サーバ障害も起こりうる可能性がありますので、独自に対応しました。

Written by support

2007/09/24 @ 17:45

カテゴリー: Server

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。