Semantic Web – WordPress

KsGMap, Geocoding REST API, Google Maps API

with one comment

ホームページ内のJavaScriptにより Google Maps APIを利用するだけで地図サイトが簡単に作成できます。
もちろん、Xrea.com さんのサーバは問題なく設置できます (但し、UTF-8 未対応のサーバ環境(Apacheなど)やクライアント側ブラウザの設定・種類では利用できません)。
スクリプトやHTMLで使用する文字コード (charset, encoding)は必ず、"UTF-8"となります。
2005年12月1日(予定)、日本地図においても Google Maps API 採用の測地系が世界共通基準 (世界測地系)に変更されますので、ご注意下さい。

[手順]
(1) Google Maps API を使用するために、Google Maps API key を取得します。
  » http://www.google.com/apis/maps/

(2) KsGMap さんの「汎用 Google Maps API スクリプト」
"KsGMap"の本体、サンプルページ (コンテンツは充実しています)などをWWWサーバにアップロードします(インストール・編集方法は KsGMap さんの解説ページをご覧下さい)。
  » http://www.ksgmap.jp/

(3) マップ初期値やXMLデータ編集のために、経度・緯度の座標を知りたいとき、「Geocoding REST API」などを利用します。
  » http://www.geocoding.jp/api/
住所やランドマーク名から経度・緯度を検索し、XML形式で座標を返します。
[追記 2005/12/4]
KsGMap さんが「座標取得支援ツール」を開発されました。HTML, JavaScript 2つのファイルをダウンロードするだけで、世界測地系対応の座標軸(10進法)が得られます。

緯度 latitude  <lat>35.6**358</lat>
経度 longitude <lng>139.*48**4</lng>

Written by support

2005/11/20 @ 13:00

カテゴリー: Maps API

コメント / トラックバック1件

Subscribe to comments with RSS.

  1. 個人情報流出-XML形式など

    ウェブサーバ上でデータファイルをXML形式などで作成、保存すると、全データが流出することになります。地図サイトなどでXML形式のデータを利用する場合、個人情報や…


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。