Semantic Web – WordPress

エンドポイントセキュリティ

leave a comment »

「エンドポイントセキュリティ」ソリューション開発の代表的企業の1つは、 Check Point Software Technologies, Inc. チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ株式会社です。ホームページも明快です。     http://www.checkpoint.com/products/index.html 製品メニューの一部は、

Perimeter Security
Internal Security
Web Security
Endpoint Security

などです。Perimeter Security とは、ファイアウォールなどによる "境界"セキュリティのことです。クライアントセキュリティの前段階としての IPsecVPN 接続は、クライアント側ではクライアント用VPN ソフトウェアをインストールするだけで実現するようです。     http://www.checkpoint.co.jp/products/vpn-1_clients/index.html わかりやすく詳細な解説ファイルが同ページでダウンロードできます * データシート [PDF 1,682KB] [関連情報] * IPSecとSSL VPN導入における考慮事項 [PDF 720KB] VPN接続の【デモ】も準備されています。 VPN-1 SecuRemote Demo     http://www.checkpoint.com/vpndemo/index.html 実際には、eavesdropping & data tampering (データの盗難・盗聴 & データ改ざん) の対策として、VPN-1 SecuRemote の機能拡張「VPN-1 SecureClient」を利用するようです。 一方、SSL-VPN接続によるエンドポイントセキュリティのためには 最新バージョン「Connectra NGX™」があります。     http://www.checkpoint.co.jp/pr/2005/20050607Connectrangx.html 国内では、NTTコミュニケーションズの「検疫型クライアントサービス」     http://www.checkpoint.co.jp/pr/2005/20050201nttcom.html などに採用されています。 一方、国内企業では、FUJITSU Japan から自社開発の「エンドポイントセキュリティソリューション」が既に発売されているようです。     http://pr.fujitsu.com/jp/news/2004/06/3.html

今般「エンドポイントセキュリティソリューション」を提供します。本ソリューションにより、認証されない利用者のネットワーク利用を禁止することができます。また、システム利用者個人の運用に任されているWindowsセキュリティ修正プログラムの適用やウィルスパターンファイルの更新がされているかどうかを、システム的に一元管理し、セキュリティ対策未実施のクライアントをネットワークから隔離もしくは自動更新することが可能となります。これにより情報システムのセキュリティ対策をエンドポイントにおいて、強固にすることができます

Written by support

2005/07/11 @ 14:14

カテゴリー: VPN

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。