Semantic Web – WordPress

Thawte 個人用電子証明書

leave a comment »

Thawte 社の S/MIMEメール用「個人用電子証明書」はフリーです。
2005/7/3, So-net blog にてエントリー投稿したのですが、So-net blogは 今でも頻繁にアクセス障害が発生するため、当ブログにコピーします。

Thawte 社のホームページでは、フリーで、1年間有効の
個人用電子証明書 Personal E-mail certificate
を取得できます。S/MIME形式の電子署名のために使用する Digital ID です。

署名者: Thawte Freemail Member となります。
URL: http://www.thawte.com/email/index.html
日本のホームページ: http://www.jp.thawte.com/

注) SMIMEメールの使用法、DER encoded binary X509 形式などの証明書のインストール方法を事前に 世界No1.の Verisign 社などのホームページにて参照し、ログインされた方がよいです。アクセスが多いためか? Personal E-mail certificate 取得サイトのプログラム動作は非常に不安定になることがあります。

Personal E-mail certificate 取得サイトのログイン・パスワードを忘れたとき、ユーザーは以下のようにオンライン操作を行うことになります:
lost password process:
  https://www.thawte.com/cgi/support/contents.exe?Service=Personal&PersonalCertStep=lostpassword
にアクセスします。thawte ID はメールアドレスとなっていますので、メールアドレスを入力し、質問に回答し正しければ、パスワード "one time password" がメールで自動送信されるシステムのようです。ウィザードの途中で、初期登録した復活用の情報の中の5つに対する質問があります。ここで [不正 Incorrect (Incorrect LP Questions)] になると、Ticket が発行されます。
    Ticket Number: ******
本ウイザードを一旦終了し、
https://www.thawte.com/cgi/support/ticket.exe?ticket=[Ticket Number]
にアクセスします。
必要であれば、追加質問等を送信し、問題解決するまで、"the Technical Support department" さんの対応を待ちます。早々にボタン【close the ticket】をクリックすると、問題が解決されたとみなされますので、ご注意ください。

Written by support

2005/07/06 @ 11:01

カテゴリー: S/MIME メール

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。