Semantic Web – WordPress

MT 3.17の問題点:AdminCGIPath, SSLサーバ( https プロトコル)

leave a comment »

Movable Type 3.17-ja を Xrea.com さんのサーバにインストールすると、AdminCGIPath は SSL サーバ (サーバ名 ss1) 経由で利用できません。
[追記 2005/6/29] Movable Type 3.17-ja (デフォルト)のインストールで発生するこの問題点は Xrea.com さんのサーバでは解決しました。
  エントリー「問題解決:MT 3.17とAdminCGIPath https+複数パス」
    http://shellscript.biz/archives/000062.html
Movable Type (MT) 設定ファイル mt.cfg の中で、MT のベーシック・ディレクトリ (仮に MT_DIR とします) にある mt.cgi までの パス( PATH )を指定します。

CGIPath http://www.example.com/path/to/MT_DIR/
CGIPath https://www.example.com/path/to/MT_DIR/

形式は、http://, https:// で始まる「絶対 URL」です。ドメイン・ルートからの経路 (PATH) をすべて指定します。CGIPathであれば、PATH の数 (階層) には制限はありませんが、下記のように、mt.cgi のみ異なる URL で運用するとき (セキュリティ対策等のため、AdminCGIPath 利用時) 、

MT 3.17-ja
MT 3.16-us
MT 3.17-us

では、

AdminCGIPath https://ss1.xrea.com/ユーザーID.s*.xrea.com/www.example.com/path/to/MT_DIR/ [設定不可]
AdminCGIPath https://ss1.xrea.com/ユーザーID.s*.xrea.com/www.example.com/MT_DIR/ [設定不可]
AdminCGIPath http://ユーザーID.s*.xrea.com/www.example.com/MT_DIR/ [設定不可]
AdminCGIPath http://ユーザーID.s*.xrea.com/path/to/MT_DIR/ [設定不可]
AdminCGIPath http://ユーザーID.s*.xrea.com/MT_DIR/ [設定可]
AdminCGIPath https://www.example.com/MT_DIR/ [設定可]

となるようです。つまり、Xrea.com さんのサーバでは、必ず、ドメイン・ルート直下のMT_DIRにMTをインストールし、AdminCGIPath は SSL サーバ (サーバ名 ss1)を経由しないPATHとします。。MT 3.15-ja では、SSL サーバ (サーバ名 ss1) 経由など可能でしたので、セキュリティ上、とても残念なことです。

Written by support

2005/06/26 @ 11:42

カテゴリー: ブログ blog

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。