Semantic Web – WordPress

cron ジョブを利用し Movable Type3.11 英語版を日本語化するスクリプト

leave a comment »

cron ジョブを利用し、Ogawa::MemorandaさんのUNIX汎用パッチによりMovable Type3.11英語版を日本語化するスクリプトです。Xrea.comさんのサーバー上では、本スクリプトを編集せず使用できます。shell利用可能な UNIX (Linuxを含む)系のレンタルサーバでは、スクリプトの一部を編集し、備忘録 (メモ) としてご利用下さい。
ダウンロード用スクリプト⇒   cron311_sh  3KB 使用時の拡張子は sh です。
このファイルは Movable Type 3.11日本語 (正式版) のリリース以降は、不要です。テキストエディターでファイルを開いて、解説文を再読して下さい。
# Unix系 (Linuxを含む) サーバ上で、Movable Type 3.11英語版を日本語化するスクリプトです。
# Xrea.comさんのサーバでは、cron ジョブを利用します(SSHでは一部のコマンドは使用できませんし、利用違反となります)。
# Xrea.comさんのサーバーでは、本スクリプトの編集不要です。
# ftpにてホームディレクトリのトップ (ルート / で表示されるディレクトリで、public_htmlの1つ上位) に (1) MT-3[1].11.tar.gz (2) MT-3[1].01D-full-lib-ja.tar.gz (3) MT-3.11-en_us-jpatch02.diff (4) cron311.sh (このファイル) をupload して下さい。それぞれ、
# (1) http://www.movabletype.org/
# (2) http://www.movabletype.jp/
# (3) http://as-is.net/blog/archives/000906.html
# からダウンロードできます。UNIX汎用日本語化パッチは Ogawa::Memorandaさんのホームページから MT-3.11-en_us-jpatch02.zip をダウンロード後、解凍して下さい。
# 日本語化パッチ, cron311.sh は、ASCIIでアップロードして下さい。
# cron311.sh を編集した場合、必ず、改行コード LF エンコード EUC として保存して下さい。
# ftp アップロード後、cron311.sh のファイル属性を 705 に変更して下さい。
# cron ジョブを設定して下さい(1回のみ)。できるだけサーバー負荷のない時間帯に行って下さい。
# サーバからメール通知があれば、作業完了していますので、public_html/mt311en_patch を編集して下さい。ディレクトリ名 mt311en_patch、各ファイルの属性を変更して下さい。
# セキュリティ上、public_html/mt311en_patch/mt-load.cgi は実行できないファイル属性としてありますので、属性を 700 に変更後インストール作業を行って下さい。
# このスクリプトの利用に際して、事前に重要なファイル、データを必ずバックアップし、自己責任でご使用下さい。
# shellscript : http://shellscript.biz/
# manual, patch, resource: http://as-is.net/blog/archives/000906.html
# 日本語化パッチの利用方法などについては Ogawa::Memorandaさんの上記ブログページをご覧下さい。

Written by support

2004/10/13 @ 19:15

カテゴリー: cronジョブ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。